こんにちは!社団法人日本自閉症協会 大阪支部です。

大阪自閉スペクトラム症協会ホームページ

自閉症協会とは

日本自閉症協会について

日本自閉症協会は、自閉症についての研究・調査、
自閉症児者の療育・福祉・労働などの充実を目指し
て、多くの親たちが専門家と協力して結成した団体
です。昭和43年に自閉症児を持つ親たちが「自閉
症児・者全国協議会」を結成。
そして、平成元年に専門家も参加して、「社団法人
日本自閉症協会」として新発足しました。
全国都道府県に各支部が設置され、地域での活動を
してきました。
現在、各支部は、それぞれが日本自閉症協会所属の
団体として、地域性を生かして活動しています。

機関紙

協会ニュース「いとしご」 隔月発行

研究誌「かがやき」 年1回発行

一般社団法人大阪自閉スペクトラム症協会について

社団法人日本自閉症協会の大阪府支部として活動していましたが、平成20年に日本自閉症協会所属の団体として、新たに発足しました。大阪の人の思いが反映されることを願って「オールおおさか」を目指しています。

一般社団法人大阪自閉スペクトラム症協会 定款(平成28年11月15日) 定款を見る

機関紙

大阪自閉スペクトラム症協会広報誌「つなぐ」年数回発行

大阪自閉スペクトラム症協会について

一般社団法人 大阪自閉スペクトラム症協会代表理事 田川 元康(和歌山大学名誉教授)

この度、任意団体であった「大阪自閉症協会」が「一般社団法人 大阪自閉スペクトラム症協会」として再発足したことを皆様にお伝えし、まことに僭越でありますが、その代表者に就かせて頂いたことをご報告致します。

想い起こすと、ご縁があって、支援者として「大阪自閉症親の会」(初代会長 淀野寿夫氏)とのお付き合いが始まったのは、昭和43年(1968年)の同会の設立直後でありました。その後、親の会は発展的に解消し「日本自閉症協会大阪支部」となりましたが、当時枚方の中宮病院に自閉症の診療に特化した「松心園」が開設されたのは、当時の親の会のご努力があってのことでした。

そうした中で、日本自閉症協会の地方支部としての役割を果たし、会員同士の親睦を初め、会員の方々への、①情報の提供、②研修会の開催、③行政への対応などがされてきましたが、その後の社会情勢の変化とともに、①はインターネットの普及によって、②は市町村による実施が充実してきた、とあってニーズの減少したことが予測され、会員数の減少を考える時に、当事者団体としての協会に残された使命は、③の点のみになったのではないか、と思わざるを得ない時期を経験して参りました。

その後、「大阪自閉症協会」は「日本自閉症協会」から独立した任意団体として運営されてきましたが、改めて協会の在り方について議論を重ねてきた結果、「日本自閉症協会」と同じく「一般社団法人」の法人格を取得することになりました。そして、この度めでたく法人格の取得に漕ぎ着けたという次第です。

現在すでに大阪府、大阪市ともに発達障害の人々への支援のための体制整備委員会が設置されて検討が続けられ、早くから委員会への保護者参加の要請がされてきました。協会としての意見を述べる機会であり、その時々のニーズに応じた検討課題の下に、継続審議がされていることは周知の通りです。

これまでは、任意団体としての公的検討会議への参加でありましたが、この度の法人化によって、意見具申に際しての信頼性が高まり、また、協会の運営面においても、助成金や補助金の申請資格を得ることができるなどの利点が得られたわけであります。

まことに月並みな言葉で恐縮ですが、役員一同一層の努力を致しますので、どうか会員の皆様、会員外の皆様におかれましても、なお、一段のご理解とご協力を頂けますよう、また、会員数の増加によって、より強固な協会の運営ができますように、ご支援の程をお願い申し上げます。