こんにちは!社団法人日本自閉症協会 大阪支部です。

大阪自閉スペクトラム症協会ホームページ

活動内容

各種一般団体との関わり

今年度の私たち協会のスローガン「オール大阪を目指して」の第1歩として、9月25日(日)、10月
9日(日)の両日に、大阪府内の各地域で活発に活動されている自閉症関係親の会の団体にご参加い
ただき、意見交換会を開催いたしました。

ご参加いただいた団体は、大阪自閉症支援センターを発展させる会オアシス、NPO法人チャイルズ、
自閉症の人のバリアフリーを考える親の会はぐくみ、NPO法人東大阪発達障害支援の会ピュア、東大
阪自閉症児と家族の会ファミーユ、ジョブサイトよど家族会の6団体です。

この意見交換会では、さまざまな貴重なご意見・ご提言をいただきました。なかでも当会に期待する
活動として特に目立ったご意見は、
①ホームページや広報誌を通じてどんどん情報発信をして行くこと、
②行政活動をしっかりと行うこと、
③専門家との連携を積極的に進めて行くこと、
④相談事業の強化(ペアレントメンターの育成を含む)でした。
自閉症児・者とその家族の方々が安心して心豊かに暮らしていけるような社会実現に向けて、今回頂
戴いたしましたご提言等については、今後役員一同で検討し、ひとつずつ改善に取り組んでいきたい
と思っています。

ご参加いただきました団体の皆様、率直なご意見・ご提言、ありがとうございました。今後とも、自
閉症児・者とその家族の方々のため、ご協力の程よろしくお願いいたします。
(2011年10月記す。)

おやじの会

大阪自閉スペクトラム症協会「おやじの会」は平成20年5月にスタートしたまだ新しい会です。
例年5月を初回に奇数月の第3土曜日18:00から1時間30分程度、年6回開催しています。
また親睦を深めるため親子そろってのBBQ大会等の楽しい企画もあります。

自閉症児を持つ親はとにかく大変。健常の子どものようなスピードで成長し、自立していってくれればよいのですが、自閉症児の成長過程はとても個性的、子育てにかかる労力は健常児の何倍も必要です。特に24時間気の休まる暇のなく子どもに関わらなければならない母親の精神的ストレスは想像を超えたもの。そこでおやじの出番と行きたいところですが、いざ主体的に子育てしようと思っても、専門書の読みかじり程度の知識や休みの日に関わる程度の乏しい経験では、子どものみならず母親の要求にも応えられず…。かえってストレスを増幅させてしまったという苦い経験はありませんか。そんな悩み多きおやじたちが集まって、毎回テーマを決め、先輩おやじの体験談や専門家を招いての講演などを通じて知識を深め、おやじ同士で知恵を出し合うことで悩みを解消・軽減して、子育てに活かしていこうという趣旨の会です。

大阪自閉スペクトラム症協会に入会している「おやじ」なら誰でも参加できます。入会されていない方でも一
度参加してみてから入会手続きを取っていただいても結構ですので、まずはお気軽にご参加下さい。

なお、おやじの会終了後に有志による飲み会もあります。さらにうち解けた雰囲気の中でテーマを掘
り下げたり、おやじ同士の親交を深めたり、情報交換の場としても活用いただけます。
皆さんのご参加お待ちしています。